みんなで恋バナ!

みなさんの恋バナもお待ちしてます\(^o^)/

第96話 手作りではりきって大失敗、でも幸せなバレンタイン

 

無理に頑張ろうとしなくても気持ちは届く

 

 

友達とバレンタインの相談をして手作りにすることに決めました

 私は、大学1年生の時に、本当に大好きな先輩に告白し、OKをもらって付き合うことになりました。それまで、自分が告白して成功したことはなかったので、本当に嬉しかったのを覚えています。

そんな中バレンタインが近づいてきたので、同じく大学から付き合い始めた彼氏がいる友達とバレンタインの話をしました。その友達も、彼氏と迎えるはじめてのバレンタインなので、はりきっていました。

なので、お互いはじめてのバレンタインに何をあげようか、真剣に悩みながらも、どこか浮かれていました。

そして、友達が、「せっかくだから、チョコレートでもお菓子でもなんでもいいから手作りしようよ」と提案してきました。

私も、気持ちが伝わるのはやはり手作りかなと思い、一緒にがんばって作ろう、と言いました。

 

一生懸命作ってみたものの、できたものは微妙なものに

バレンタインの2日前に、友達と買い出しに行き、様々な材料を揃えました。

私は1人暮らしをしていたので、うちで作ることにしました。

私はカップケーキ、友達は手作りチョコをつくることにしました。

うちのキッチンは1人暮らしのわりには広めのキッチンだったので、2人で相談したり、時には手伝いながら作りました。私はカップケーキだったので、レンジのオーブンを使って作りました。レシピ通りに作り、いざオーブンを開けたのですが、全然生地が膨らんでいませんでした。加熱時間が足りないのかなと思い、もう1度オーブンにかけましたが、やはりあまり膨らみませんでした。なぜそうなったのかはわかりませんが、明らかに失敗してしまったのです。

私はお菓子を作ったことがなかったので、いきなりハードルを上げてしまったのがいけなかったのかな、とかいろいろ考えて落ち込みました。

でも友達は、一生懸命作ったのだから、このままあげたらいいんじゃないかな、と言ってくれました。

 

失敗作と買ったチョコ両方渡すことに

友達がそのまま渡したら、と背中を押してくれたので、失敗したカップケーキはそのまま渡すことにしましたが、やはりそれだけだと申し訳ないので、チョコレートも買って、一緒に彼氏に渡すことにしました。

バレンタイン当日、彼は遊園地に行こうと誘ってくれたので、遊園地に行ったときに渡すことにしました。正直に、カップケーキを手作りしたけど失敗してしまったことを伝えると、手作りしてくれたんだ、失敗作でもおいしいよと喜んで食べてくれました。

確かに失敗したっぽいね、ちょっとドジだね、とけっこう突っ込まれもしましたが、そういうところも好きだよと言ってくれました。

買ったチョコレートのほうは一緒に食べることにしました。

寒い日だったので、とてもおいしかったです。

お菓子を作って失敗してしまった苦い思い出ですが、彼のおかげでとても素敵な思い出になりました

 

 

 

第96話の恋バナはクラウドワークスから投稿していただきました!

 

ありがとうございました!

 

 

『ちょっとエッチな恋バナ』

https://note.mu/papatan

第95話 今でも忘れられない、最高のクリスマス

 

あれは僕がまだ20代前半の頃の話です。

 

初めて付き合った彼女にクリスマス前に振られ、悲しい日々を過ごしていました。

やるせなく、切なく、何をしても満たされず。それほどその彼女が好きだったのです。

 

家に帰るのも空しくて、1人クリスマスイブの夜の繁華街を徘徊していました。

回りはカップルだらけ。一人で歩いている僕は、指差されて笑われているようでした。

 

その時、ある女の子が声をかけてきてくれました。誰かと間違えられたのかと思ったのですが、見ると、見知った顔でした。それは別れた彼女の友達だったのです。もちろん私と彼女が別れたことは知っています。

声を掛けられたものの、余計に惨めな気持ちになり、僕はそそくさと逃げようとしました。でもその彼女は、そんな私を捕まえて、一緒にご飯でもいこうと言ってくれたのです。これは僕に対する同情か?と思いました。

 

でも一人でいる空しさは嫌で、彼女とご飯に行くことにしました。

 

とても楽しかったのです。彼女も気を遣いながら、楽しい話をしてくれました。

きっと僕につらいことを思い出させないようにしてくれたのでしょう。なぜこんな僕に話しかけてくれたの?同情?と僕は彼女に聞きました。すると彼女は言いました。

 

同情なんかじゃない、実はじっとあなたのことが好きだったと。

友達と付き合っているので、ずっと我慢していたけど、別れたと聞いて、声をかけようと思ったというのです。まさか?と思いましたが、彼女は本気のようでした。

でも振られたからと言って、すぐにその友達にするなんて、それはさすがにおかしいと、僕は思いました。

 

でも彼女は、ずっと待っている。

僕がその気になってくれるまでずっと待っていると言ってくれたのです。ずっと我慢していたのだから、もう少し待つくらいは出来ると。

 

人生初めて告白を受けたのです。恥ずかしいやら、嬉しいやら。

でもこんなに本気の彼女の気持ちにちゃんと向き合わないのは、それはダメだと思いました。自分の気持ちに向き合い、私は彼女と新しい恋に向き合うことにしたのです。

 

こんなに僕を想ってくれる彼女と、新しく歩み始めるべきだと思ったのです。

そして私は彼女の想いにこたえました。付き合うことにしたのです。あれが本当に運命の出会いです。

 

私たちはあれから長く付き合い、そして結婚にまで至り、子供も授かっています。

 

あのクリスマスから10年。

 

今は幸せな日々です。

 

今でも忘れられない、思い出のクリスマスですね!

 

 

 

 

第95話の恋バナはクラウドワークスから投稿していただきました!

 

ありがとうございました!

 

 

『ちょっとエッチな恋バナ』

https://note.mu/papatan

第94話 20代半ばで仕掛けた恋愛。終止符を打つのも自分

 

20代半ばだった当時。

狙っていた9歳年上の男性。

 

彼が参加する飲み会に参加し、最初は視界に入る距離に座り、お手洗いに席を立つタイミングで時間差で席を立ち、席に戻るタイミングでだんだんと席を縮めていきました。

 

二次会に行くときには隣で歩き、もちろん二次会会場のカラオケは隣の席をゲット。

騒がしい場なので、話をするために軽いボディタッチを含めて接近できるチャンスです。彼が私を気になっているのは手に取るようにわかりました。それから帰りは一緒のタクシー。LINEやスマホもない当時でしたので、連絡は携帯電話かPCメール。どうにかして自分の電話番号を教えたいのだけど、あからさまにするのも色気がない。

 

そこで帰ってからフリーランスだった彼の仕事場にFAXしました。

 

「先ほどタクシーの中に領収証を落としませんでしたか?私が預かっているので〇〇-〇〇-〇〇まで連絡ください。もし違っていたらごめんなさい」

 

電話番号教えてくれてありがとう、と連絡をくれた彼。

 

やった!もちろん彼とは付き合うことになりました。

お酒の入った状態での勢いもあったのですが、20代そこそこでの自分の計画性に、今でも関心します。

 

残念ながら彼とは数年付き合ってお別れしてしまいましたが、当時の私にとっては、仕事のできる年上の素敵な男性だったのです。彼から学んだ仕事のやり方や人との関係などは、その後の私にも影響を及ぼしています。

 

嫌いで別れたわけではなかったのですが、許されない恋愛だったので、誰にも言うことができず今に至っています。

 

その後私は結婚し、別の仕事に就いたのですが、夫も同席の仕事場で偶然にも彼に再開。お互い初めましてを装った状況は、今でも笑ってしまいます。

彼はまさかの再開だったようで、そのときは頭が真っ白になってまともに仕事ができなかったとか。

 

あのとき周囲の反対を押し切ってあのまま彼と突き進んでいたら・・・おそらく今のように幸せな人生は訪れていなかったように思います。その後は自分は幸せになどなってはいけない、と責めた時期もありました。

 

誰かを不幸にして得られる幸せなどない、と涙を飲んで彼と別れたことは、正しい選択だったと思っています。

 

 

第94話の恋バナはクラウドワークスから投稿していただきました!

 

ありがとうございました!

 

 

『ちょっとエッチな恋バナ』

https://note.mu/papatan

第93話 これほど空しい気持ちになった私の恋愛

 

私は現在43歳の男性です。

かれこれ十数年前になる30歳前後の時に私が生まれてから初めて付き合った女性の方がいました。

 

その方とは学生時代の友人の結婚式の2次会で知り合って意気投合し、連絡先を交換してから後日に合う段取りをしました。

私の第一印象としては笑顔がいい感じの子でした。何回か会ううちに私はその子に告白し付き合うことになりました。付き合ううちに私はその子に対してイライラすることが多くなっていきました。

 

というのは例えばドライブ中に食事に行くときに彼女が「なんでもいい」とか言うので走行中にたまたま目に飛び込んできた餃子の王将に行こうとすると「こってり系はちょっと」と言い出します。私は「いや、おまえなんでもよかったんちゃうんかい」と思いましたがそれをこらえて次に中華料理のバーミヤンに行こうとすると「和」(和食)と言い出すのです。いや、和食でも寿司なのかそばなのかうどんなのか色々あるのにそういう言い方をするのです。

 

こういったことが積み重なっていきある時私は一度お互いの気持ちを確かめ合った方がいいと思い、電話しましたが留守電だったのでかなりの長文メールを送りました。すると次の日に「電話くれたみたいやけど何かあった?」とメールできたのです。この答えにも私は苛ついてしまい、「いや、何かあったってメール送ったやん」と思わず返信してしまいました。私は決着をつけようと2人で会って「俺のことどう思う?」と尋ねてみたら「どうでもいい」と返事をされたのです。もうこの答に愕然としてしまいました。

 

というのは私としては「好きだけど少し考え固い」とか「最近嫌いな部分が見えてきた」などの自分の意志が感じられる答えであればその修正をすればいいと考えていたのです。しかし「どうでもいい」というのは全く自分の意志を放棄して要は私の方から告白してきたからそれに乗って付き合ったけど全く自分の意志のない発言としか取れなかったのです。これを言われた直後に速攻で別れました。

 

まあ私の方にも人生で初めて女性の方と付き合えるという喜びで舞い上がり本当に自分が相手のことを好きなのかよく検討してみなかったのが原因なのかな?と思っています。なので私の中では唯一付き合えた彼女のことより片思いで振られてしまった子などの方がいい印象として残っています。

 

結論としては本当に自分の気持ちが乗らなければ付き合わない方がいい、たとえそれで付き合うことができてもうまくいかないのでお互いの気持ちのテンションが同じようになるように努力していくのがいいかなと思います。

 

 

第93話の恋バナはクラウドワークスから投稿していただきました!

 

ありがとうございました!

 

 

『ちょっとエッチな恋バナ』

https://note.mu/papatan

第92話 東京でデートとお台場や六本木、東京タワーなど

 

これは15年前、当時彼女がいて、旅行の好きな彼女だったのでその旅行に付き合う事が多かったです。

 

旅行先が東京で熊本から東京旅行とデートを楽しみました。

東京に着いた後、彼女と一泊してその次の日に東京でデートを楽しむことにしました。

 

最初いってびっくりしたのがお台場でお台場はクルージングの船があっていろんな番組の紹介コーナーなどありました。その彼女とデートをしているときにお台場でストリートライブをしている売れてない歌手をみました。歌がうまくて男性2人組みのユニットだったと思います。歌がとにかくうまくて東京はレベルが高いと思いました。

 

六本木も六本木ヒルズなど大きなところがありびっくりすることになります。東京タワーも当時は高いというイメージと高所恐怖症だから苦手と言うイメージもありました。下の方を見れる鏡みたいなスペースがあり、そこに乗るのが難しかったです。高所恐怖症でしたのでそうとうびっくりしました。

 

しかし彼女の方が旅行に慣れているためか、モノレールを毎回使ったり常連みたいな感じだったので東京旅行がスムーズには行きました。そのおかげでその他渋谷やアルタ前、109などを体験できました。彼女に頼った旅行でしたのでその面うまくいったんですが、二人で歩いているとその彼女と東京ディズニーシーにいったときちょっと不安な話をしたんです。東京ディズニーシーに行ったら別れるんだってとその話をきいて言い伝えだけどあまり良くない発言に聴こえたんでかなりショックでした。実際も本当にその彼女と別れてしまい、そのときの悲しい思い出がありあまり恋愛も控えていました。

 

しかし案外すぐ次の恋愛の相手がみつかりました。次の相手はバツ2で子持ちだったので難しい事実があり、すぐに別れてしまいました。東京旅行に行った彼女のこともわすれることが難しかったのでバツ2の彼女は3ヶ月で別れました。それいらい彼女がいなくて13年くらいです。

 

 

第92話の恋バナはクラウドワークスから投稿していただきました!

 

ありがとうございました!

 

 

『ちょっとエッチな恋バナ』

https://note.mu/papatan

第91話 依存症にはご注意を!(年上元カレ)

 

学生時代、趣味がきっかけで出会った元カレ。

見た目はちょっと女性っぽいキレイ系の顔立ちでスタイルも良く、友達に間に入って貰ってまずは友達になる事に成功。

 

友達になってから隙を見つけて私から告白。最初は当然というか拒否をされたものの、猛アタックにアタックを繰り返して付き合う事に成功!…したものの、元カレはその時学校を辞めて無職のまっさい中。遠距離だったためデートをするにもお金がなく、とにかく私がバイトをして元カレの住む町に通う日々が続きました。

 

最初はとにかく会いたくて会いたくてバイトをする事も交通費が消えていく事もまったく気にならず、カレがカワイくて貢物を送る毎日…。誕生日でも記念日でもないのに、似合うからとか欲しそうだからとプレゼントを送り続けていくうちに、次第に貯金が尽きてはまたバイト変えて働く毎日。それが私とカレとの当たり前の生活になっていって、気が付けば10年が過ぎていました。

 

10年経ってもカレは一切仕事をしてくれる気配がなく(一時期は仕事をしてくれていましたが、私が一緒にいたいとワガママを言ったせいで無断欠勤を繰り返す余り仕事をクビになってしまいました…)カレも仕事をしない生活が当たり前になってしまっていました…(いわゆるニートです…)。

 

私からは「仕事をして!」とも言えず(別れ話になるんじゃないかと怖くなってしまい)ずるずると10年もの間付き合い続けていました。私は仕事の疲れとカレが仕事をしてくれない事に心が弱くなってしまい、次第にカレに対する気持ちが薄れていっていくのに気付きました。

 

でも私がいなければカレは好きなものも買えないし、一緒に遊びに行く事も出来ない…!そんな気持ちがぐるぐるしていた時、カレが友達の女の子とディズニーに行くためにバイトを始めたと知り「やっと働いてくれた!」という気持ちと同時に「私のためには働いてくれなかったのに?!」という怒りが爆発しました!今まであんなに貢いだのに!あんなに辛くなるまで仕事をしたのに!私には何もしてくれないし、何も返してくれないの?!私は爆発した怒りのまま友達に相談し、カレにも怒りをぶつけました。カレはびっくりして「貢いでくれるのが当たり前だと思ってた」と言いました。

 

私は自分のバカさに泣く事しか出来ませんでした。私はかわいそうに思えた彼に依存していたのかもしれません…。もう2度とこんな恋はしたくありません。

 

 

第91話の恋バナはクラウドワークスから投稿していただきました!

 

ありがとうございました!

 

第90話 ネカマ疑惑と初めての年下の男の子

 ☆

 

これは私が17才の頃の話です。

 

インターネットで趣味のチャットで3つ年下の男の子のA君と趣味の話で盛り上がり、お互い隣接する町に住んでいることがわかり一層盛り上がりました。

その一方で私がチャットでは第一人称を「僕」と言っていた為にネカマ疑惑が出て、A君が友人のB君に私が本当に女の子かどうかを調べて欲しいと依頼したらしく私のパソコンにB君からメールが来てそこからB君とのやり取りが始まりました。

 

始めは拒絶していましたが会うだけならと言うことで私の実家とB君の実家の中間点にある神社で待ち合わせをすることになりました。メールに記載されていた服装をした男の子を見つけ、私はB君に声を掛けました。すると彼は驚いた様子で私を見ていました。まさか本当に女の子が来るなんて思っていなかったようです。それと同時に彼は私に一目惚れをしたらしく神社から移動した公園で私の肩に手を回して来ました。

 

そして、私達は白昼堂々公園のベンチで抱き合いながら唇を重ねました。彼にとってはファーストキスでした。「ファーストキスの相手が私でよかったの?」と聞いたら彼は頷きながら「いいんだ」と言い再び私達は唇を重ねました。この場はキスだけで留め、市街地まで自転車を走らせ、二人で市街地のショッピングセンターでウィンドウショッピングをしながら有意義な時間を過ごしました。

 

そして日が暮れた頃、お互いに別れるのが名残惜しくなり昼間にキスを交わした公園に戻り再び抱き合いながらキスをし、お互いに性欲の高まりを実感し多目的トイレでお互いの体を貪り合いました。悪いことだとわかっていましたがお互いに若かったのもあり欲望には勝てませんでした。

 

そして私はB君の童貞を美味しく頂いてしまいました。B君はファーストキスも童貞も私に捧げてくれましたが彼は一切後悔していなかった様です。年下の男の子はとても可愛くて母性本能をくすぐられて何だか心地良かったです。まだまだ初で未熟な所が年下の男の子の魅力なのかも知れません。

 

 

第90話の恋バナはクラウドワークスから投稿していただきました!

 

ありがとうございました!