みんなで恋バナ!

みなさんの恋バナもお待ちしてます\(^o^)/

第14話 中学の頃作ったバレンタインチョコ。そのお味は、、

 

現在20歳です。これは中学二年生の時の恋バナです。


私はバスケ部、相手は野球部でした。
いつも部活帰りに一緒に私の家まで帰ってそのあとは自転車で相手を送るという生活をしていました。


当時は2人とも携帯を持っておらず、部活もしていましたからデートはしたことがありませんでした。


この恋の一番の思い出は、バレンタインです。


前日にチョコを作る予定だったのでバレンタインの3日前に一緒に帰った時にバレンタインの日の何時にどこに来てとだけ伝えていました。


バレンタイン当日、彼がそのことを覚えているのか、本当に時間と場所が合っているのか、携帯を持っていない当時は不安でいっぱいでした。

ですが、行ってみないとわからない!ということで私はチョコを持って自転車で彼の元へ向かいました。


ドキドキして行ってみると、彼がいました。


すごく嬉しかったし安心したのですが、当時はなんだか照れ臭くてチョコをそっけなく渡してからすぐに帰りました。


次の日の学校では彼からなんの感想もなく落ち込んでいると彼の友達から、「めちゃくちゃ美味しいって言ってたよ」と。彼もすごく照れ屋さんだったんだなと思いました。


中学生時代のかわいい恋はいまもずっと思い出です。

 

 

第12話の恋バナはクラウドワークスから投稿していただきました!

 

ありがとうございました!