みんなで恋バナ!

みなさんの恋バナもお待ちしてます\(^o^)/

第42話 気になる女の子と初めてデートした時の話

 

自分は今大学生です。

スポーツの観戦が趣味で、好きなチームの応援のために全国各地の様々な所へと応援に行きます。そこでできた友達もたくさんいて、今でも仲良くしています。

 

その中で気になる女の子が1人いました。

その子は田舎から別の地方である関西に出てきて下宿をしている子です。

 

数回、グループみんなで観戦しているうちにその子と仲良くなり、メッセージをやり取りするようになりました。

 

スポーツのオフシーズンに、彼女の下宿先の近くが観光地であったため自分が遊びに行くことになりました。

 

当日はスポーツという共通の趣味があるため、バスで移動するときも、ご飯を食べる時も、9割くらいがスポーツの話でした。

 

今思い出すと、せっかくの男女2人で遊んでいるのにあんな話ばかりで良かったのかなと不安になりますが、彼女は楽しそうに話していたので良かったのかなと思います。

 

その1日は楽しく終わり、今度は自分の家の近くの都市に来てくれるという話にもなったのでうまく行きそうだなと思っていました。

 

しかしそこには悪魔が待っていました。デート日の近くになった時、急用が入ったから遊びに行けないと言われてしまいました。

 

その後、数回誘ってみましたが全部忙しいからと断られてしまいました。

 

初デートの時に自分が焦りすぎてデート感を出しすぎてしまったのでもう少し抑えれば良かったのかなと後悔しています。

 

彼女はどう思っていたのでしょうか…。 

 

 

第42話の恋バナはクラウドワークスから投稿していただきました!

 

ありがとうございました!