みんなで恋バナ!

みなさんの恋バナもお待ちしてます\(^o^)/

第69話 優しい彼氏と過ごす、とっても幸せな日々

 

今は30代前半、そのお付き合いをいていた頃は20代後半でした。

 

出会った頃から、本当にいつも優しくて、怒ったりもしない、まるで仏様のような彼でした。

 

デートのプランニングも丁寧にしてくれて、レストランなどはクチコミサイトや雑誌、テレビの情報をリサーチしてくれて、どのお店がいいかと聞き取ってくれました。

 

グルメな彼だったので、安くて美味しいお店をいっぱい知っている人だったので、彼との思い出は美味しい食べ物の記憶とともに蘇ってきます。

 

また、イベント情報も調べてくれて、ウォークラリーや、水族館など、様々な場所へもお出掛けしました。

 

知らない場所へ行った時も、グルメな彼は目的地までの間にある、美味しそうなお店を探してくれて…本当に凄いプランニングスキルだと何度も関心をしていました!美味しいスイーツのプレゼントもしょっちゅうでした。

 

『ここのお菓子が美味しいから食べてみて。』

 

と差し出されるお菓子は本当に美味しくて、幸せいっぱいな気持ちにさせられました。

 

しかも、それを彼は食べないんです!

 

一緒に食べたいと伝えても、

 

『美味しそうに食べる顔が見れるだけで自分は満足なんだ。』

 

の一点張り。

 

スイーツに合う紅茶やコーヒーなどの飲み物も用意してくれて、口にお菓子を運んでくれると言う…まさに甘い甘い時間を過ごしていました。

 

いつも優しくて、私のためなら何でもしてくれる彼のことが大好きで、一人暮らしの彼の家に頻繁に通っていました。

 

が、仕事がお互い忙しくなってしまい、すれ違う時間が増えてきて…結局交際を終えることになってしまいました。

 

が、なんと、最近連絡をまたするようになったのです!

 

まだ、メールのやり取りだけですが、彼のメールは今でも優しくて、やっぱり好きだなぁ…と改めて実感をしました。

 

今度、彼のオススメレストランにランチをしに行く約束もしています。

 

どうか復縁をして、また彼との甘い日々を過ごすことができますようにと淡い期待をしつつ、メールのやり取りをしています。

 

 

第69話の恋バナはクラウドワークスから投稿していただきました!

 

ありがとうございました!

 

 

『ちょっとエッチな恋バナ』

https://note.mu/papatan