みんなで恋バナ!

みなさんの恋バナもお待ちしてます\(^o^)/

第76話 高校最後の試合には負けたけれど…

 

小学校からずっとバドミントンを続けてきた俺は中学も部活、高校に入っても部活に打ち込む日々を過ごしていました。

 

そんな俺にも1年の時からクラスが一緒で、今は席が隣の加奈にずっと片思いをしていました。

 

でも付き合ったことも告白したことすらない俺は、ずっと想いを伝えることができずにいました。

 

隣の席なので普段は普通にみんなとワイワイ話すのですが、どうしても告白することだけはできませんでした。

 

でも、もう3年生で今度の大会で負ければ部活も引退になり、それから半年もすると卒業して加奈にも会えなくなります。

 

今度の高校生活最後の試合は

 

『どうしても加奈に見に来てほしい…』

 

そう思った俺は勇気を出して加奈に

 

「今週末の俺の高校最後のバドミントン試合見に来てほしいんだ」

 

と伝えました。

 

どんな返事が返ってくるか心配でしたが、加奈は

 

『うん、見に行くから頑張ってね。』

 

と言ってくれました。

 

返事をもらった時から当日が来るまで、すごく長くて待ち遠しい時間でした。

 

そして当日を迎え、いつ来るのか気になって待っていました。

 

その間に2回戦まで試合が終わり、加奈が来るまで頑張ろうと勝ち進んでいました。

 

そして3回戦の試合のコールを待っていると、いつもとは違うショートパンツの私服姿で加奈は試合を見に来てくれました。

 

俺は

 

『見に来てくれてありがとう。これから3回戦の試合だから頑張るね。』

 

と声をかけたところでちょうど試合のコールがあり、俺はコートに向かいました。

 

今度の相手は前回大会準優勝のシード選手。

 

前回大会も対戦していましたが、俺はファイナルゲームで惜しくも敗れていました。

 

試合が始まり、今回もファイナルゲームまでもつれました。

 

迎えたファイナルゲーム、俺は加奈に良いところを見せようとコートの中で必死にシャトルに食らいつきましたが、2点追いつかず3回戦敗退。俺の高校でのバドミントン生活が終わりました。

 

この試合の始まる前、俺は心に決めていたことがありました。

 

この3回戦の試合に勝つことができたら加奈に想いを伝えようと。

 

でも、結果は敗退。

 

自分の中で2つの悔しい気持ちが交錯していました。

 

試合後、俺が

 

『誘っておいて、勝てるとこ見せられなくてごめん。』

 

と言いました。

 

すると、加奈の口から思いもよらない言葉を言われました。

 

「そんなことないよ。颯くんのコートの中での真剣な顔、そして必死にシャトル追いかける姿、すごくカッコよかったよ。私は颯くんのそういうところ大好き。そして試合見に来てって誘ってくれてありがとう。うれしかった。ずっと颯くんが好きだったから」

 

と告白されました。

 

俺も

 

『俺もずっと加奈が好きだったんだ。ありがとう。』

 

と言いました。

 

そして、この日から加奈と付き合い始め、ずっと離れたくないと約束して地元の同じ大学に通いました。

 

卒業後二人とも地元の企業に就職し、そして来年の春、二人は結婚します。

 

幸せです。

 

 

第76話の恋バナはクラウドワークスから投稿していただきました!

 

ありがとうございました!

 

 

『ちょっとエッチな恋バナ』

https://note.mu/papatan