みんなで恋バナ!

みなさんの恋バナもお待ちしてます\(^o^)/

第84話 初めての彼氏が、ストーカーになった話

 

現在30代で、15歳の頃お付き合いしていた方のお話です。

 

初めての彼氏(A)という事もあり、このまま幸せが続くと思っていました。

 

しかし、そんなはずも無く、若気の至りとでも言うのでしょうか。他に好きな人が出来たのです。

 

その事を彼氏(A)に話をしたところ

 

「わかった、さよなら」

 

と言われ私は別れたつもりでした。数ヶ月がたった頃、彼氏(A)から呼び出され何事かと思いました。

 

すると、

 

「お前の好きな人は、〇〇中学生の〇〇って奴だろ?」

 

「〇〇の事色々調べてるから。あいつと付き合ったら、お前を許さない」

 

と、言われました。

 

どこからその情報を得たのでしょうか…情報源は未だ不明ですが、気持ち悪さと怖さが一気に込み上げてきました。

 

「違う」

 

と言ってその場を離れましたが、恐怖しかなかったです。

 

その後、彼氏(A)はストーカーになり、家の真下で待ち伏せ、夕方頃から夜まで家の真下にいるんです。

 

親が注意をすると一旦は帰るのですが夜の7時頃まではずっといるのです。

 

行き帰りの通学路で待ち伏せていたりもしました。

 

不意に物陰から出てくるのです。

 

偶然を粧って出てくるのですがあまりにも不自然で気持ちが悪かったのを覚えています。

 

それに、ポストに頼んでもいないMDを投函されました。

 

何だろうと思い再生するとCHEMISTRYのアルバムが全曲入っていました。

 

完全に意味不明でしたが、何故これを、くれたのかを聞くこともしませんでした。

 

その他には、私の友達に暴力を振るうこともありました。

 

私には手を出さないのですが私と行動を一緒にしていた友達に飛び蹴りをしたりして怪我をさせていました。

 

さすがの私もこの時は泣き叫びました。友達には申し訳なくて謝ることしかできませんでした。

 

卒業後、高校は別々になったのですが、ストーカーはされ続け、私が通っていた高校の制服を知人から借りて中まで入ってこようとしたり、正門で待たれたり、親に迎えに来てもらわないと帰れない状況が続き、警察に相談にも行きました。

 

これが、私の一人目です。

 

初めての彼氏が、ストーカーになるなんて思ってもいなかったです。

 

 

第84話の恋バナはクラウドワークスから投稿していただきました!

 

ありがとうございました!

 

 

『ちょっとエッチな恋バナ』

https://note.mu/papatan